「健康経営で幸せを提供し、 そして喜びを分かち合う会社に」

今年の書き初めのお題は、【健康経営】を掲げました。 健康とは、生きるために最も大切なことであり、誰もが日々そうありたいと願うことです。
それは、自分はもちろんのこと、家族や関わる人に対して。そして、お客様に幸せを提供し(それは、お役立ちのこと)その結果として喜びを分かちあうことが利益を頂けることに繋がります。
社員の皆さんと家族の幸せにもつながります。

それを目指す為に会社は存在し、 社会貢献の為に健全な経営をする責任があります。
それを実行して行くには、当然ながら経営者が健康であり、働く社員の皆さんとその家族が健康でなければ経営は成り立ちません。

経営は、原理原則 (当たり前) と時流適応(時代の変化) の両輸をうまく取り込むことで生き残り、 会社発展に繋がります。
その根本が、健康で仕事をすることが最も大切なことであり、変化に負けないためにも健康経営を目指す。そしてサガショーが目指す健康とは、心身ともにバランスが取れた状態であること。
それを保つためには、笑顔と感謝が大切であり、個々が意識をしていくことが大事。

この原点は、「健全なる精神は、健全なる肉体に宿る」という昔から伝わる原理原則の言葉です。健康であるということは健全につながるということ。有難うの反対は当たり前。
当たり前のことを徹底できる人や企業こそがどんな時代でも元気に生き残れます。

今年から、健康にフォーカスをして一人一人が自分の健康を創造しデザインしてみる。これが我々の日指す健康経営です。
楽しんで生き残る ! 仕事も私生活も人生を楽しむように自分の健康を経営していこう。

☆浸透を目指し、以下を一つ一つ実践していくために、協会けんぼのかながわ健康企業宣言にエントリーをしました。
◎ かながわ健康企業宣言証
当社は、従業員一人ひとりが、心身ともに健康で生き生きと働くことが出来る職場環境の構築を目指し、以下を宣言します。
①経営者自身が率先して健康づくりに取り組みます。
②健康づくり担当者を設置します。
③当社の健康課題を把握し改善に努めます。
④協会けんぼと連携し、健康づくりを推進します。
⑤労働基準法。 労働安全衛生法などの法令を遵守します。
⑥健康づくりに向けて次の取り組みを実施します。
保健指導の利用・食生活の改善・運動機会の増進・受動喫煙対策・過重労働対策